マンガ

2009年02月05日

 芳崎せいむさんのコミック2冊が同時発売だったのですが・・・これ! この腰巻というか帯! 遊んでますねー♪

 出版社を越えたコラボ腰巻き企画(笑)

1071934368_27

1071934368_6



まひろdrecom_mahiro05 at 00:20│コメント(0)

2007年02月24日

 仕事から帰って玄関のドアを開けたら、でっかい運動靴が3足も並んでいてびっくらこいた。

 息子の学校の友だちが来てたんですね~。

「え、もう帰って来たン!?」と言われて「AくんとBくんが来てるから。じゃ、そういうことで!」と、息子の部屋のふすまはしゅるしゅるしゅる~~~~っと閉められてしまいました。
 え~~~ん(T_T)。
 私も混ぜて~~~。

 ・・・で、今、Aくんが息子に「読め!」と押し付けていったマンガを、なぜか私が読んでおります。

「Aくんが読め!って、こんなん持って来た」と息子が出してきたのが、石川雅之の「もやしもん」だったので、私は「それ! 読みたかってン!!」と叫び、息子より先に読み出しておる、という次第なのでござる。

 本屋さんで見て、前からめちゃくちゃ気になってたコミックスだったんですよね~。
 だいたい、表紙イラスト見ただけで「変」じゃないですか?
 1巻から4巻までみごとにバラバラで「どういうマンガなん、これ」と思ってたわけです。

 読み出したらこれがまた、やっぱり「変」でした。

 佐々木倫子さんの「動物のお医者さん」は獣医学部の学生たちが主人公でしたが、こっちは農業大学の農学部のお話。
 菌が目に見える、という特殊能力のある主人公が、菌の研究をする研究室で、あれやこれやの大騒動。

 続き読まないと~♪ ってことで、今回はこれにて失礼~。

オンライン書店ビーケーワン:もやしもん 1 オンライン書店ビーケーワン:もやしもん 2 オンライン書店ビーケーワン:もやしもん 3 オンライン書店ビーケーワン:もやしもん 4

at 12:57│コメント(0)

2007年01月19日

 今市子さんのコミック『百鬼夜行抄』がドラマ化だそうです。
 私は文庫版を買っているのですが・・・どんな感じになるのかな~?

 関東では2月3日からのオンエアらしいけど・・・関西ではどうなの!?

オンライン書店ビーケーワン:百鬼夜行抄 5 オンライン書店ビーケーワン:百鬼夜行抄 6 オンライン書店ビーケーワン:百鬼夜行抄 7 オンライン書店ビーケーワン:百鬼夜行抄 8 オンライン書店ビーケーワン:画集〈百鬼夜行抄〉 第2集   

at 21:57│コメント(0)

2005年09月21日

 『月館の殺人 上  (Big comics ikki) 』(綾辻行人:原作、佐々木倫子:漫画)と、先月末に発売の「IKKI」の両方を買って、応募券と定額小為替を送って、オリジナルグッズをもらおう! というのがありまして・・・・・その締め切りが9月23日消印まで。

 商品は、コミックスの表紙絵をデザインしたジグソーパズルなのですが・・・・・・お値段が1500円、と、けっこうかかっちゃうので「申し込むべきか、やめるべきか」と悩んだ末、後で「申し込めば良かった」と思うのがイヤだったので、思い切って申し込むことに。

 届くのは、11月下旬だか、12月だか、もう忘れたころにやってくるわけですね。

 いや、もうはっきり言って『月館』には、けっこうお金つぎこんでるよ。
 そもそも「IKKI」なんて雑誌、『月館』と『金魚屋古書店』のほかに読みたい漫画も載ってないのに、この2作品のためだけに毎月買ってるんだよ。
 『月館』さまさまだ、まったく。

 そろそろ、今月号が出るころ。
 結局、今月号も買っちゃうのだね。
 思うツボってヤツ?


img_16.jpg


ロケット ← 「日記楽しみにしてるよ」って方は、応援クリックお願いします。



at 23:02│コメント(0)

2005年08月31日

□BSこだわり館 THE・少女マンガ!~作者が語る名作の秘密
[BS2]8/29(月)~8/31(水) 後11:00-11:55

http://www.nhk.or.jp/manga/

人気少女マンガ家たちの転機となった作品、代表作をとりあげ、作品誕生に関わった人々の証言とともに、作者本人が、自作にこめた思いをたっぷりと語る。

8/29(月)
「星のたてごと」作 : 水野英子
自身の波乱万丈の人生と、いまも衰えぬ創作への熱い思いを水野本人が語る。

8/30(火)
「愛のアランフェス」作 : 槇村さとる
今年から久しぶりに再びフィギュアを題材にした作品に取り組む槇村さとるが、その創作の秘密を語る。

8/31(水)
「CIPHER(サイファ)」作 : 成田美名子
海外を描く上での徹底したリサーチや、独自の異邦性の秘密をインタビューを通じて解き明かす。

********************


 結局、成田美名子さんの回だけ、見ました。

 高校生の時にデビューされてるんですが、デビュー作は「賞金が欲しかったから」と、おっしゃっていました。
 従姉妹(?)が入院していて、お見舞いの品を買ってあげたかったから、だそうです。

 学校と仕事を両立させるのが、ものすごく大変だったけれど、その中で、独自のネームつくりの方法を編み出したんだって。
 授業中に、せっせと内職されてたようです。

 私が高校生の時に、漫画界には成田美名子が、SF界には新井素子が、高校生デビューして、私は作品を読みながら「すごいな~~」って思って思ってました。
 いいよね~、才能があって、やりたいことがハッキリしてるのって。

 まあ、私自身は、高校を卒業したら、できるだけ長く働ける会社に就職したい、っていうのがあって、それに向かって、地道に勉強はしてたわけなので、それはそれで希望通りになったんですけどね!

 
ロケット ← 「日記楽しみにしてるよ」って方は、応援クリックお願いします。



at 23:29│コメント(0)

2005年05月26日

05-05-26_23-02.jpg


 結局、なんのかんのと言いながら 『月館の殺人』(綾辻行人:原作、佐々木倫子:漫画)の連載が始まってから、ずっと『IKKI』を買い続けています。
 私が読んでるのは『月館の殺人』と『金魚屋古書店』だけなので、毎月、この2作品のためにだけ500円払っているようなもんですが・・・・・・まあ、とりあえず、この2作がものすご~~~~く好きだから、良いんだ、って思ってます。
 『月館』は佐々木ファンの夫も読むし、息子にいたっては「とりあえず、掲載されてる漫画、全部読んでるよ」とのことなので、モトは取れてるんじゃないかな。

 6月号で、やっと殺人事件がおこり、今月は「密室」とか「トリック」とか言う言葉が飛び出して、お笑い路線一直線だったのが、やっとこさミステリーらしくなってきました!!!

 というところで、第一部終了だそうで「作者取材のため休載します」で、再開は10月号(8月25日発売)から、だって。うき~~~~~~っ! そんな殺生な~~~!

 でも、雑誌を買わずに、コミックス化を待ってる方には朗報です。
 単行本上巻8月10日発売だそーです。

 やったね!
 もちろん、我が家は出たらソッコーで買うさ!!!
 8月が待ち遠しいですね~~。

 上巻を買って、続きを待てない人が、10月号からの『IKKI』を買うように、という作戦が、丸見えな展開なのですが、まんまと罠にはまる人が出そうな気がするなあ・・・・・。


ロケット ← 「日記楽しみにしてるよ」って方は、応援クリックお願いします。





at 23:26│コメント(0)

2005年04月07日

 半身浴しながら本を読むのを楽しみにしているワタクシですが、昨日と今日は、坂田靖子さんの文庫コミック『闇夜の本』1~3を、続けさまに読んでおりました。

 近くの本屋で「3冊100円」で買ったものなのですが、ちゃんと透明ビニールのカバーがかかっていて、濡れる心配もなく読めて、超ラッキー♪
 
 摩訶不思議な、さかたワールドを堪能できる3冊ですね。

 スラップスティックなファンタジーもあれば、純和風おとぎ噺風のファンタジーもあり、で、バラエティに富んでるので、何度でも読み返せるのが良いですよね~~。

 2月28日の日記に書いたとおり、一気に15冊買ったコミックの中の3冊なので、まだまだお後が控えております。
 楽しみ~~。

 ↓ 画像クリックすると、bk1の紹介ページに飛びます。

018698650000.jpg 018698660000.jpg 018698670000.jpg 


ハート ← 「日記楽しみにしてるよ」って方は、応援クリックお願いします。



at 23:41│コメント(0)