2005年09月

2005年09月30日

 姑は、我が家で晩ご飯を食べて、お風呂に入り、夜は新居で寝る、という、どっちつかずの今日このごろです。
 私としては、さっさとどっちかに決めてくれぃ! って感じですが・・・・・まあ、まだ押入れの荷物も残ってるし、居間の食器棚も残ってるし、引越し途中なので、しかたないか・・・・・。

 食器棚
 姑が「これは私が持って行っていいかな」と言うので、そりゃもう諸手を上げて大賛成でございます。
 ああ、やっと、このデカイだけで使い勝手の悪い食器棚とお別れできるか、と思うと、これはかなり嬉しい。
 結婚して、最初から姑と同居だったので、自分の嫁入り箪笥とその周辺以外は、全部、姑の使っているものをそのまま使用する、という選択肢しかなかったので、食器棚はもちろん、中の食器も、全然好みに合わない、数もそろってないものを、ずいぶん長く使いました。

 食器は、結婚祝いとか、進物でいただいたものを中心に、何年もかかって、徐々に自分の好みのものに変えて行きました。
 電子レンジも、洗濯機も、冷蔵庫も、電話も、のれんも、タオルも、そうやって、少しずつ変えて行ったのですが・・・・・・・食器棚はそういうわけにはいかず、この十数年間、どっしりと、場所をふさいでおりました。
 だって、食器棚って、よっぽどのことがない限り、壊れないんだよね(^_^;)。

 大きいだけあって、実は食器はめいっぱい詰まってますが、私が使ってるのは、ほんの一部。
 じゃあ、なにが入ってるか、というと、姑が集めて、捨てられずに取ってある食器が、ほとんど。
 ほら、5枚セットだったけど、割れて2枚だけになっちゃったお皿とか、そういうの、あるでしょう?
 この際、そういう食器ごと、引越ししていただく、ということで、万々歳!

 が、問題は、これから食器をどこに入れるか、ってことです。
 食器棚って、けっこう高いんですよね。しかも、気に入ったものを、と思うと、何万円もかかってしまうわけです。
 来年、引っ越すときにベッドや本棚を、まとめて買おうと思っているので、食器棚もそのときまでお預けかな~。

 とりあえず、食品庫として使ってる収納棚に、入れてしまおうか、と考え中。

 ところで、この食品庫、実は、もともとは靴箱として販売してたもので、最初は、息子の洋服&本棚&おもちゃ入れに使っていたのを、今のマンションに引っ越したときに、食品庫に変更したもの。
 靴箱だから、棚板がちょっと薄いので、そのへんが食器入れには向かないんですが、この際、贅沢は言ってられないし、今は、あるものをうまく転用させて、家全体を模様替え計画中です。

 来年、引っ越したら、本棚だけは絶対妥協せずに、いくつかまとめて購入予定。
 親子3人で、もう絶対「これだよね!」というのを決めてるけど、通販メーカーによって、サイズや値段がかなり違うので、本番までにじっくりと検討します。

 ↓ こういうタイプの本棚。
 http://www.rakuten.co.jp/e-living/541113/588875/
 http://www.rakuten.co.jp/ku-ra-shi/535059/417551/
 http://www.rakuten.co.jp/ku-ra-shi/535059/538253/
 

 バラ売りで、自分でセットアップできるものから、ラックとワゴン3本がセットになっているものまで、いろいろ出ています。
 
 ずら~~っと並べて、書庫にしたいぐらいだよ~ん。

ロケット ← 「日記楽しみにしてるよ」って方は、応援クリックお願いします。



at 23:31│コメント(0)日常 │

2005年09月29日

 息子のガジラは、今日、学校から某私電の車両区(車庫)へ、工場見学に行きました。

 息子の学校の卒業生が、二十数名働いているとのことで、卒業生が案内・説明などしてくださったそうです。
 息子のグループに付いて案内してくれたのは、この春卒業したばかりの社員さんだったようですが、マニアックな質問にも、詳しく答えてくれたんだって。それも、資料をちらっと眺めるか眺めないかぐらいで。

 鉄道好きの息子には、かなり楽しい工場見学だったようです。
 レポートを書かないといけないらしいけど「このレポートは、めっちゃ簡単」だと、のたまっております。

 思えば、息子が小さい頃は、用もないのに電車に乗りに行ったり、車両区でイベントがあると言われれば連れて行ったりもしました。
 必要も無いのに、京都まで「はるか」に乗って出かけたこともあったっけ(^_^;)。

 琵琶湖一周もしたし。
 いや、線路は確かにつながってるんですが、琵琶湖の周りを電車だけで一周するのは、実はけっこう大変なのです。
 北のほうに、一日に数えるほどしか電車が走ってない区間があるんですね。
 正確には走ってる電車はあるんですが、止まらないのよ。福井方面に向けて、目の前をすごい勢いで走り抜けて行くの。

 今となっては、電車な日々が懐かしいです。

ロケット ← 「日記楽しみにしてるよ」って方は、応援クリックお願いします。



at 23:46│コメント(0)息子のこと │
 『12人の優しい日本人』の大阪公演は、シアター・ドラマシティ、ということだったので、情報を求めてシアター・ドラマシティのサイトを見に行ったものの、まだ情報はアップされていませんでした。

 が・・・・・・・もっと切実に「絶対見に行かねば!」という公演情報を発見!

 AGAPE Store ♯11 『BIGGEST BIZ ~最後の決戦!ハドソン川を越えろ~』が、2月10日~2月12日に上演される模様。

 原作:後藤ひろひと 演出:G2
 出演:松尾貴史・三上市朗・八十田勇一・松永玲子・菅原永二・坂田聡・
     篠原ともえ・粟根まこと・後藤ひろひと

 11月20日(日)、チケット発売開始だそーです。

 『BIG BIZ~宮原木材危機一髪~』、『BIGGER BIZ~絶体絶命!結城死す?~』と続いたシリーズの第3弾。

 最近、舞台から遠ざかっているので、楽しみ~~♪

ロケット ← 「日記楽しみにしてるよ」って方は、応援クリックお願いします。



at 22:09│コメント(0)舞台・芸能 │
 今、テレビで、舞台の宣伝してました。
 『12人の優しい日本人』を、またやるそうです。
 三谷幸喜の作品ですね。

 また、って言っても、舞台は私も見てなくて、映画化されたものを、テレビとビデオで、何度か見ただけ。
 DVD は こちら

 タイトルは『十二人の怒れる男』からで、日本に陪審員制度があったらという設定で、12人の陪審員がある殺人容疑者の判決をめぐって議論を繰り広げるコメディです。

 舞台、見てみたいなあ・・・・。
 12月に東京。1月に大阪だそうです。
  
 http://www.parco-play.com/web/play/twelve/

ロケット ← 「日記楽しみにしてるよ」って方は、応援クリックお願いします。



at 01:54│コメント(0)舞台・芸能 │

2005年09月27日

 本日の『火曜サスペンス劇場』は、水谷豊主演の『事件記者・三上雄大 3』でした。

 スペシャル番組があったので、いつもの9時スタートより1時間遅い10時始まりでした。
 有終の美を飾る最終回が、この扱い・・・・というところに、番組を終わらねばならなくなった「現実」が垣間見られて、ちょっと寂しかったりします。

 どっちかというと、先週の『刑事鬼貫八郎ファイナル』が最終回的な扱いだったのかな。
 実は、こっちはビデオに撮ったものの、まだ見ていないのでした。
 めったにドラマなんか見ない夫が『刑事鬼貫八郎シリーズ』だけは、けっこうファンなので、一緒に見ようと思ってて、一人で勝手に見るわけにもいかず、なかなか見られないのですね。

 ああ、でもこのシリーズも、もう新作はないんだなあ・・・・。
 原作の鬼貫とは似ても似つかないキャラクター設定なんだけど、このドラマの鬼貫が、味があって私も好きでした。
 そもそも原作の鬼貫刑事には「八郎」なんて名前はついてなかったはずなので、テレビ版オリジナルの命名ってことですね。

 いや『火サス』では、原作とのあまりの違いに、何度も「なんじゃこりゃ~~~!!」と、叫ばせていただきましたが、終わってしまうと、感慨深いものがありますね。
 ちなみに、一番ヒドイ「なんじゃこりゃ~~!」は、『湖畔の館殺人事件』 でした。
 原作は、綾辻行人の 『霧越邸殺人事件』 なのですが、綾辻さんが「あああああ~、その話はやめて~。もうなかったことに・・・・」と絶句し「エンドロールから、自分の名前を消して欲しいぐらい」とまでおっしゃたのを、目の前で聞きました。

 私は、本放送の時に見て、同じく絶句したくせに、怖いもの見たさというか、なんというか、そのあとも再放送でさらに2回も見ました(爆)。
 どうしたら、ココまで・・・・・と思うと、笑えます。面白いものを見せてもらったなあ、と今でも思ってますが。

 というわけで 『火曜サスペンス劇場』 に、さようなら、です。
 今までありがとう。
 できたら、人気のあったシリーズは、違う形で復活させていただけたら、また見たいと思ってますので、テレビ局さま、スポンサーさま、よろしくお願いします。

ロケット ← 「日記楽しみにしてるよ」って方は、応援クリックお願いします。



at 23:55│コメント(2)映像関連 │

2005年09月26日

 今日買ったのは、下記の雑誌と文庫本。

IKKI 11月号
『月館の殺人』と『金魚屋古書店』のほかに、吉野朔実 『Period 第3部』もスタート。

話す冥利、聞く冥利 知恵の森文庫 :永 六輔

saishin_hyoshi.jpg 025907550000.jpg 

ロケット ← 「日記楽しみにしてるよ」って方は、応援クリックお願いします。



at 23:24│コメント(0)買った本 │

2005年09月25日

 今日は、姑のテレビとビデオを新居(?)に運んだものの、アンテナ線がつながってないとかで、テレビが綺麗に映らないことが判明して、またもとの部屋に運び直すことに。
 なかなかすっきりと引越しが終わらないねぇ。

 とりあえず、今夜から引越し先で寝る、とのことですが、食事は、まだ今までどおりうちで一緒に食べてます。

 姑の部屋だったところを、息子の部屋にするつもりで、置く場所がなくて仕舞いっぱなしだったデスクトップのパソコンを、セットアップするために、ランコード(?)を買いに行ったわけです。
 ついでに、姑のテレビのために、アンテナをつけるのにいくらかかるのかの調査もしてきましたが、工事費もけっこうかかるようなので、ケーブルテレビに加入するという手も考慮中。

 たまりにたまったビデオテープを、なんとか整理したいと思っているので、ビデオからDVDへのダビングができる機械がいくらぐらいするのか、も調べて来ました。
 我が家は、テレビもめちゃくちゃ古くて(今、使ってるテレビは、実家で「捨てる」と言うのをもらってきた年代ものなのです)画面も音声も「なんじゃこりゃ」なシロモノなので、安くていいから、もうちょっとマシなのを買いたいところ。
 う~ん・・・・・・けっこうモノイリだねぇ。

 来年の引越し本番時にも、いろいろ買いたいもの(ベッドとか、本棚とか)があるし、パソコンは使い込んだせいで、いつ壊れてもオカシクないし、で、やりくりを考えると頭が痛いです。
 が、私は結婚と同時に姑と同居で、家具や電気製品を選んだり、食器選んだり、ということがほとんどできなかったので、今回、いろいろ模様替えを好きなようにできる! と思うと、ちょっと嬉しいです。
 これで、予算がもっと潤沢にあったら、めちゃラッキーなのですが、まあ、ないなりに、なんとかするしかないか。

 
 ちょっとティータイム。季節もので、栗のタルト。

0925-01.jpg


ロケット ← 「日記楽しみにしてるよ」って方は、応援クリックお願いします。



at 23:03│コメント(0)日常 │